短期間で一流に|パンの教室で腕が鳴る|料理上手になりたいなら

短期間で一流に

寿司

寿司屋への道

寿司職人になるために、最もメジャーな方法は弟子入りすることです。弟子入り後は店主から技術を学びますが、教えてもらうと言うよりは、見て覚えろと言う色合いが強いのが特徴です。魚に触らせてもらうまでに何年もかかるので、寿司職人として一人前になるには長い時間がかかることを覚悟しなければいけません。一方、最近注目されるようになってきたのが、寿司職人を養成する専門学校です。修業とは違い、短ければ3ヵ月で寿司職人のノウハウを身につけることができます。実践を中心にしており、ある程度の基礎や応用力が身につくので、卒業後は即戦力として働くことができます。魚の目利き、寿司の握り、接客など、職人に必要なことはたくさんありますが、自分が目指す寿司屋によって進む道も違います。

噂の養成学校

寿司職人養成学校で、わずか3ヵ月学んだだけの寿司職人が経営している寿司屋が、ミシュランガイドで取り上げられました。また養成学校に通うまで包丁も握ったことのなかった卒業生が、料理大会でグランプリに選ばれたこともあります。養成学校に通う3ヵ月でどんなことを学べるのかと言うと、寿司職人としての技術はもちろん、お店の経営に関することまで全てと言って良いでしょう。店舗の立ち上げまでレクチャーしてくれるので、卒業後には実際に開業する人も少なくありません。また寿司職人は男性が圧倒的に多かったのですが、短期間で習得できると言うことで女性も増えています。一生をかけて学ぶイメージのあった寿司職人ですが、養成学校のおかげでそのイメージは変わりつつあります。